<< 南阿蘇村より速報 | 横浜TOP | 募金のご報告(4/21現在) >>
物資搬入のご報告

支援物資の第一便を4月17日に「南阿蘇村」へお届けしました。

今回、ゆいっこ横浜言いだしっぺ支部は比較的被害の軽微だった人吉市の仲間たちと連携して、物資の供給を行います。

↓差し入れのおにぎりとカレー300食を人吉市の「ひまわり亭」で作りました
 

「ひとっくまねっと」物資搬入
 

↓ブルーシート、ガソリン、乾電池、飲料水、水、乳幼児オムツ、生理用品、カセットボンベ、おにぎり、カレーを積み込んで出発
 

「ひとっくまねっと」物資搬入
 

↓南阿蘇村の黒川集落避難所、南阿蘇村乙ヶ瀬集落、高森町役場へ
 

「ひとっくまねっと」物資搬入
 

「ひとくまねっと」物資搬入
 

「ひとっくまねっと」物資搬入
 

「ひとっくまねっと」物資搬入
 

【支援物資の配布】

黒川集落避難所:ブルーシート、ガソリン、カレー、おにぎり、乾電池
南阿蘇村乙ヶ瀬集落:カレー、おにぎり、飲料水、水
高森町役場:乳幼児オムツ、生理用品、カセットボンベ

※残りの物資:トング4,炭はさみ2,炭6,着火剤2,BBQコンロ2
 

【現場レポート】

・東海大学キャンパスに設けている黒川集落避難所は大学生が熊本キャンパスに移動し、全員移動予定の4月17日、避難者は地元住民66人のみとなる。現在はマスコミの注目もあり、覇気もあるようであるが今後の住民達が心配である。
・地域住民の思い(既に手元にある支援物資は他の避難所等に回すべき)と、避難所運営者の思い(頂けるものは全部手元に置いておきたい)の格差があるように感じた。
・全体把握が出来ていないがためか、避難所に行かなくてもいい状況の集落には支援が行き届いていないような感じがあった。
・乙ヶ瀬集落の皆様より、水が足りなく本当に助かった、有り難いと言葉を頂いた。
・双方の心の通い合う支援を行っていく必要性を強く感じた。
 

※現場が混乱しているため、物資購入、搬入のご報告が遅れますことをあらかじめお詫び申し上げます。
 

ゆいっこ横浜言いだしっぺ支部の募金は「ひとくまねっと」さんの物資購入資金に充当させていただきます。

| カテゴリー: 支援記録 | - | - |