<< 復興応援ツアー2018(後編) | 横浜TOP | 11月のゆいっこスタッフさん募集! >>
ゆいっこ@原宿フリマ

この秋も、原宿の松栄会さんが企画する「原宿ふれあいフリーマーケット」に出店しました。

 

 

回を重ねるごとにお得意様も増え、声をかけていただけるようになりました。

 

 

また、今回は「語り部(かたりべ)」という仕事も作り、復興応援ツアーで見聞したことをお伝えしました。

 

 

 

「語り部」さんが持参した『ホテルはまぎく』で株分けしていただいたはまぎくの花。元来、海辺に咲いている花なので先の台風での塩害にも負けず、きれいに咲いてくれています。これが、「逆境に強い」という花言葉の由来なのかもしれません。

 

 

ブースに西日本豪雨災害の際の西予市長からの感謝状と北海道の地震の際の厚真町長からの感謝状を掲示しおいたところ、「今回北海道で被災した安平町で学生時代を過ごした」とおっしゃる方から声をかけていただき、商品をお買い求めいただきました。

 

 

また、大槌の商品を扱うゆいっこで唯一売っている、他県(石川県輪島市)の「舳倉島の塩」。「毎回これを買いに来るのよ」と声をかけていただけるくらい、ブイヨンのようなコクのある味わいが人気の商品です。「野菜スープはこれだけで十分」「私のダイエットはこれで成功したの」といったお客様同士の情報交換もあり、私たちも聞き入ってしまいました。

 

 

「今夜は黒ばらのりのお吸い物」と、伏見ゆきえ市会議員。

 

 

立ち寄ってくださったみなさん、ありがとうございました!
そして力いっぱい販売や語り部をしてくださったスタッフさん、今回初めて参加したくださったスタッフさん、お疲れ様でした。ありがとうございました!

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |