横浜 | カテゴリー
最近の記事
横浜 | アーカイブ
横浜 | モバイルサイト
qrcode
ゆいっこの初売り!

今年のゆいっこの「初売り」も自民党よこはま市支部連合の賀詞交換会の会場で開催させていただきました。
毎年、ブースを出させていただき、ありがとうございます!

今回は特に大槌町のしょうがい者施設の方々が作る商品をお勧めしようとチラシも配り、いつも以上に多くの商品をお買い上げいただくことができました。

 

スタッフさんたちとゆいっこ代表のさかい学↓

 

ゆいっこブース

 

ゆいっこブース

 

もうすぐ発災後7年目を迎えます。ゆいっこはこれからも民間復興支援団体として「顔の見える、息の長い支援」を地道に続けてまいります。

 

当日の「ちょっとうれしかった話」はこちらに・・・

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
通販お試し中

ひょんなことから「期間限定の通販」を試したところ、少しずつですがお声掛けをいただけるようになりました。

ひょんなこと、というより「苦肉の策」と言った方がよいかもしれません。

9月にゆいっこ横浜言いだしっぺ支部の代表を務めるさかい学の会合を開催した際、いつものようにゆいっこブースを出そうとしたところ、会場での物販が禁止されていたので、「じゃ、通販にしよう!」ということになりました。

 

そして今日もゆいっこの受注をいただきました。

今までは、地元のお祭りや「自民党よこはま市連」さん、「かながわ自民党」さんの会合でブースを出させていただくだけだったのですが、通販をやってみて、少しずつですがご注文をいただけることがわかりました。

今日配達した先でも、「自分の会社の社員さんに配って、みんなに大槌のことを伝えますよ。ゆいっこさんもがんばってね」と言われました。

ありがたいです。

 

もう終了の予定でしたが、もうちょっと延長してみようかしら…。

「さかい学の深秋の集い@戸塚」を11月30日に控え、そんなことを考えてます

 

(スタッフH)

 

 

{9DCE3872-BCB0-4718-8FF2-DF088FF1761C}

スタッフが作ってくれた「受注ボックス」。

注文が来たら、、スタッフが商品を詰め合わせて、この箱に入れておいてくれます。

私(tuma)が配達係なので、「tuma便」です。

 

【tuma】

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
熊本県さんとコラボ!

秋のゆいっこ3連チャンの最終日はよこはま自民党のブース。今回はお隣に熊本県さんがいらっしゃって、「がんばろう!」の気持ちがいつも以上に盛り上がりました。

この会場には何度もお世話になっており、その分準備もかなりスムーズになってきました。

 

ゆいっこブース@よこはま市連

 

お隣の熊本県のブース。お二人ということなので、ゆいっこのスタッフさんたちも「いざとなったら応援に来ますね!」とやる気満々。

 

img_4956_blog

 

本日「口開けのお客様」は黒川まさる市議。「今日もがんばってこ〜!」と激励いただきました。

 

img_4961_blog

 

「じゃ、私はここでこっそり販売員」と、地元・瀬谷の田村ゆうすけ県議。

 

img_4964_blog

 

開場前に「よこはま市連・看板娘」たちもスタンバイ。伏見ゆきえ市議(写真右から2番目)、輿石かつこ市議(右から3番目)、高橋のりみ市議(右から4番目)。

 

img_4997_blog

 

開場後はとにかくすごい人でした。

 

img_5001_blog

img_5003_blog

 

予想通り、ゆいっこスタッフは「熊本スタッフ」にもなって、熊本のうまいもんセットをお勧め。

 

img_5020_blog

 

また、この会場では多くの方々から激励とともに募金もいただきます。

 

img_5039_blog

 

終宴後、「お疲れさまでした」と遊佐市議が顔を出してくれました。

 

img_5044_blog

 

今日の司会者を務めた斉藤たつや市議(写真中央)がいろいろな場面で「会場の外で復興支援をやっています」「ゆいっこが今日も来てます」と宣伝してくださったおかげで、今日もたくさんの商品をご案内できました。

 

img_5052_blog

 

自民党よこはま市連のみなさま、今日もありがとうございました。スタッフのみなさん、お疲れ様でした!

 

img_5046_blog

 

そして、今年も恒例の忘年会。今年の活動をゆいっこスタッフKが報告。「へぇ、今年はこんなに活動したんだ…」と、今更ながらにみんなでびっくりしました。

 

img_5065_blog

 

みんな今年の活動のことや自分の思いなどを語り合いました。

「『まだやってるの?』『がんばってるね』と言われますが、復興はまだまだだと思います」「もう、私のライフワークになってます」「復興支援が終わる、つまり復興支援が必要なくなる日が来ることを心から期待して活動しています。さかいさんも政治の面からの支援をお願いします」・・・など、たくさんの言葉をいただきました。

 

復興支援が必要なくなる日まで、がんばりましょう!この一年もほんとうにありがとうございました。みなさん、来年もよろしくお願いします。

・・・と言いつつ、今年の活動はまだまだあります。みなさん、ぜひご参加ください!

 

【ゆいっこの今後の活動】

 

●11月13日(日) 9:00〜15:00 「下倉田連合まつり」ブース

ところ:豊田中学校グランド

 

●12月3日(土) 9:30〜17:00 「泉区 芸能チャリティ大会」ブース

ところ:泉区公会堂

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
晴天のフリマでした!

この秋も、戸塚区原宿にある「国立病院機構 横浜医療センター」の公開空地で開催された「ふれあいフリーマーケット」に参加させていただきました。
原宿商栄会のみなさんのご尽力で、回を重ねるごとに出店者とお客さんが増えてきています。

 

原宿フリマ

 

今日のイチオシは「がごめ入りとろろ昆布」。普通のとろろ昆布より、がごめが入った分ねばねば感が強いですよ〜、と試食もお勧めしました。

 

img_4771_blog

 

「あら〜、こっちでは見たことないわ」と言われた「まつも」。「岩手出身なんだけど、横浜では見たことないから、うれしいわぁ」と、お客様が喜んでお買い求めになってました。

 

img_4794_blog

 

今回も復興支援をしている3ブースが横に並んで、東北の商品の販売や熊本支援の募金活動を手会しました。
原宿商店会「松栄会」さんは募金をした方に、金額を問わず店頭に並んでいるお好きなものを差し上げるという形で展開していました。

 

原宿フリマ

 

こちらも常連さんになった女川町の「リアスの詩」さん。

 

img_4767_blog

 

松栄会でフリマの運営をやっている中島市議も「どう?売れてる?」と顔を出してくださいました。

 

img_4796_blog

 

伏見ゆきえ市議も「今夜のおかず」の一品にとろろをお持ち帰り。

 

原宿フリマ

 

今回もたくさんの方々に「がんばってね」と励ましをいただきました。ありがとうございました。まだまだ活動は続きます。これからもよろしくお願いします。
スタッフのみなさん、ありがとうございました。

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
「瀬谷丸」の瀬谷はあったかい

「さかい学の深秋の集い@瀬谷」会場で、ゆいっこブースを出店。

地元の方々にもブースをお手伝いいただき、賑やかにご案内させていただきました。

 

ゆいっこブース@深秋の集い・瀬谷

 

今回は、「ケンポナシ」のはちみつをみなさんに召し上がっていただこうと、相性のいいナッツにはちみつをからめてクラッカーにのせて試食をしていただきました。

 

img_5133_blog

 

島村大参議院議員も「これ、うまいね〜」と太鼓判。ご挨拶の際にも「はちみつナッツのクラッカー、おいしいですよ。虫歯になったら、ちゃんと歯医者さんに行ってください」とみなさんにも歯医者さんの宣伝を兼ねて紹介していただきました。

 

img_4810_blog

 

ゆいっこスタッフがゆいっこの活動を三原じゅん子参議院議員にご説明。

 

img_4813_blog

 

また、お客様から「おおつちで使ってもらって」と、タオルをたくさんいただきました。ありがとうございます。布製品をつくっている現地のNPOさんにお送りいたします。

 

img_4720_blog

 

会場になった瀬谷は、『瀬谷丸』を贈った土地柄。大槌への思いがとても強く、あったかい方ばかりで、とてもたくさんのおおつち商品をお買い求めいただきました。
ありがとうございました!
スタッフのみなさん、お疲れ様でした!

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
ゆいっこブース、元気にオープン!

島村大参議院議員のご厚意で、「島村大君を励ます会」でゆいっこブースをオープンさせていただきました。
今年5月の「復興応援ツアー」で買い付けてきた商品に加え、9月に代表のさかい学が製造元を訪問して出会った商品もラインナップに入れて販売しました。
初めてゆいっこの活動をお知りになり、「がんばってね!」と励ましてくださる方や、「私、岩手県の出身です。岩手県の大槌町を支援してくれて、ありがとう!」と声をかけてくださる方が予想以上に多く、スタッフも張り切っていました。

 

ゆいっこ「島村大君を励ます会ブース」

 

↓さかい学もブースの前で商品のご案内(というよりも自慢?)。

 

img_4237

 

↓いつも自民党横浜市連の集まりで「看板娘」をやってくださっている高橋のりみ市議。

 

img_4239

 

↓伏見ゆきえ市議とこしいしかつ子市議は「今日のおススメはこれ!」とまわりの方に声をかけながらお買い物。

 

img_4241

 

↓スタッフと島村大参議院議員。今日は新しい出会いがたくさんありました。島村議員、チャンスをありがとうございました!

 

img_4248

 

スタッフのみなさん、お疲れさまでした。ありがとうございました!

 

ゆいっこではボランティアスタッフさんを随時募集しています。

 

【お仕事の内容】
さかい学のイベント、地域のイベント、自民党横浜市連・県連の会合などでの商品販売
商品在庫の整理 など

 

お時間のある時で結構ですので、お気軽にご参加ください。

 

【問い合わせ・お申し込み先】
ゆいっこ横浜言いだしっぺ支部(さかい学事務所内)
メール:info@sakaimanabu.com
(全角文字で表記されていますので、半角に直してアドレス入力をお願いします)
TEL:045−863−0900

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
ゆいっこ@幸ケ丘ブースも大盛況!

幸ケ丘自治会のお祭りに出店させていただきました。今回で2回目です。雨が心配されていましたが、晴れ間が見えてきました。
今回も「子ども店長」がぷよぷよすくいの担当でがんばりました。

 

ゆいっこ@幸ケ丘ブース

 

↓たくさんの子どもさんたちが列をつくり、ぷよぷよすくいを楽しんでくれました。子ども同士の方が会話が弾むみたいです。

 

ゆいっこ@幸ケ丘ブース

 

↓ゆいっこ横浜言いだしっぺ支部代表のさかい学もブースに飛び入り参加。

 

ゆいっこ@幸ケ丘ブース

 

↓そして、地元になじみのある伏見ゆきえ市議も「明日の朝のおみそ汁の具」を買いに立ち寄ってくださいました。

 

ゆいっこ@幸ケ丘ブース

 

今回も声をかけてくださった幸ケ丘自治会のみなさん、ぷよぷよすくいでお店を盛り上げてくださったたくさんのお子さんたち、お祭りにお越しになったみなさん、本当にありがとうございました。
そしてスタッフのみなさん、暑いなかありがとうございました。

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
熊本震災「現地の声を聴く会」を開催しました

ゆいっこ横浜が連携して活動している「ひとくまねっと」さんが活動の報告と、横浜からの支援に謝辞を伝えに来てくださいました。


今回お話してくださったひとくまねっと事務局の本田節さんは、さかい学が松下政経塾時代に地域づくりでお世話になった「熊本の姉さん」ともいえる方です。

本田節さんからは、被災地の現状報告だけでなく、後方支援についても多くのお話をいただきました。
例えば、震災直後からなぜ多くの方々が活動に参加できたのか、避難所にはどのような人が必要なのか、大都市・横浜で生活する私たちにとって、震災のときどのような活動が求められるのか、とても考えさせられるものでした。

 

【参加者の声】

・地域づくりは「ひとづくり」から始まるんですね。ひとくまねっとさんたちが即座に活動できたのも、30年近く「地域づくり、ひとづくり」をしてきたからこそ、そのネットワークの力があったからこそだと感じました。
・役所頼みではない「自立した避難所」を運営することが、早く次の自立を促していくのだと感じました。しかし、今、横浜で震災が起きた時、避難所で誰がリーダーになって避難所を運営していくのか、話を伺っていて疑問に思いました。
・高齢者がとても地域で生き生きと活躍し、今回の震災でもその知恵と経験と技が被災地をサポートしていたと知り、これからの高齢社会の在り方を改めて考えさせられました。

 

報告する本田節氏

 

↓さかい学が松下政経塾時代から一緒に活動してきた、写真家の長野良市さんがつくった記録写真集・「熊本地震 阿蘇の被害報告 ゼロの阿蘇 VOL.1」

 

長野良市氏の写真集

 

↓さかい学からも現地の状況や国の支援についてお話させていただきました

 

さかい学

 

↓参加者から支援金の贈呈

 

支援金を贈呈する参加者

 

↓参加者からも、震災の体験談が出ました

 

震災体験を話す参加者

 

集合写真

 

↓報告会後の懇親会でも、様々な話が出ました

 

懇親会

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
熊本支援募金活動をしました

ゆいっこ横浜と連携して熊本県で活動をしている「ひとくまねっと」さんの報告会を聞く前に、戸塚の駅頭で募金活動を行いました。
みなさまからお預かりした支援金は25,314円でした。避難所での炊き出しなどに活用させていただきます。
ありがとうございました。

 

ゆいっこ募金活動

 

ゆいっこ募金活動

 

ゆいっこ募金活動

 

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
「復興応援ツアー」報告会を開催しました

今年の「復興応援ツアー」の報告会を行いました。

ツアーに参加した方だけでなく、参加できなかった方や、過去に被災地に足を運んだ方にもご参加いただき、復興の現状を報告し、自分たちに何ができるかを話しました。

 

↓みなさんからのご意見や質問に答えたり、逆に参加者に質問をするさかい学。

 

20160622_071122000_blog

 

【参加者の声】

 

・自分の目で見てきて、そのことを周囲の人に話して回ってみると、東北の震災が「すでに終わったこと」になっていることを知りました。自分も大槌に行くまでは相だったような気がします。

・訪問先のどこに行っても、「ゆいっこさんにはとってもお世話になってます」と言われました。ゆいっこがここまでつながってきたからなのだと実感しました。

・地元でのゆいっこの活動(物産の販売)に協力していきたいと思いました。

・「サンガ岩手」さんがやっている藍の木を植えて、育てて、染め物に使うという藍染プロジェクトに、「東北の未来」を見た気がしました。

・大きな堤防はできていたけれど、人の声の聞こえる街になることが復興なのでは?と感じました。

・地域のお祭りを手伝ってますが、小槌神社で見た神輿はすごかった。みこしの担ぎ手がたくさんいるって聞いて、うれしかった。

・町内でやるイベントに、大槌をどう絡ませられるかを考えてみたい。

・ツアーに参加して、「顔の見える、息の長い支援」ってこういうことなんだなと思いました。

 

↓大槌で購入した藍染のスカーフを紹介する参加者

 

20160621_095354326_blog

 

↓地域の活動と復興支援をうまく組み合わせる方法を発表する参加者

 

20160622_071053000_blog

 

20160622_071223000_blog

 

↓みなさん、ありがとうございました!

 

ゆいっこツアー報告会

 

| カテゴリー: 活動報告 | - | - |
<< | 2/9PAGES | >>